真夏の極東フェスティバル「エダニク」×「サブウェイ」

12-eda_sub
撮影=©石川隆三

撮影=©石川隆三

撮影=©石川隆三

撮影=©石川隆三

撮影=©石川隆三

撮影=©石川隆三

撮影=©石川隆三

撮影=©石川隆三

撮影=©石川隆三

撮影=©石川隆三

撮影=©石川隆三

撮影=©石川隆三

撮影=©石川隆三

撮影=©石川隆三

撮影=©石川隆三

撮影=©石川隆三

撮影=©石川隆三

撮影=©石川隆三

撮影=©石川隆三

撮影=©石川隆三

撮影=©石川隆三

撮影=©石川隆三

撮影=©石川隆三

撮影=©石川隆三

撮影=©石川隆三

撮影=©石川隆三

撮影=©石川隆三

撮影=©石川隆三

撮影=©石川隆三

撮影=©石川隆三

撮影=©石川隆三

撮影=©石川隆三

撮影=©石川隆三

撮影=©石川隆三

撮影=©石川隆三

撮影=©石川隆三


伊丹公演(アイホール):2011年8月11日~14日 / 東京公演(王子小劇場):2011年8月25日~28日

地下鉄を巡る七日間。
満員電車に揺られる乗客達の姿が、ダンスとモノローグで点描される。
歴史の積み重なりが創りだした地面の下に深く潜り、景色の見えない車窓と膨大な広告に囲まれながら、ただただ目的地を目指す人々の噂やため息が、トンネルにコダマし絡み合う。
それは次第に、都市に暮らす故郷喪失者たちの姿を可笑しくも鋭く浮き彫りにしていく。
そして、神が地球を創ったといわれる七日が過ぎたとき、サブウェイは、また新たな月曜日を走り出す。

佐藤佐吉賞(王子小劇場:東京)2011
最優秀演出賞、最優秀脚本賞、最優秀衣装賞
優秀作品賞、優秀美術賞、優秀照明賞、優秀宣伝美術賞、優秀助演女優賞(井尻智絵)

前年11月に上演し、好評を博した「サブウェイ」を再演。
『真夏の極東フェスティバル』と銘打って、真夏の會さんの劇作家協会新人戯曲賞を受賞し作品「エダニク」との、合同公演!

★合同公演、特設サイトはこちら!

作・演出=林慎一郎 / 振付原和代

出演=あらいらあ、小笠原聡、門田草(FellowHouse)、井尻智絵(水の会)、後藤七重、猿渡美穂、ののあざみ、中元志保

スタッフ=舞台監督:塚本修(CQ) / 舞台美術:柴田隆弘 / 音響:あなみふみ / 照明:魚森理恵 / 宣伝美術:清水俊洋 / 写真撮影:石川隆三 / 制作:笠原希(righteye)、尾崎雅久(尾崎商店)

公演舞台写真=撮影:石川隆三

ツイッター劇評 伊丹公演→→→
ツイッター劇評 東京公演→→→
こりっち劇評→→→