極東退屈道場#009 808ダイエット


大阪八百八橋(ハッピャクヤバシ)。
そう呼ばれるほど、大阪にはたくさんの橋がある。
今回はその大阪にかかる橋を舞台に、健康中毒の中年とビッグイシューの話です。

作品について解説した特設サイトはこちら!
公演の感想まとめはこちら

女が橋の上から川面を眺めている。橋の下ではホームレスが暮らしている。
川べりには男が釣り糸をたれている。川の下をくぐるトンネルを自転車に乗った女が走る。大雨で膨れ上がった川が堤防の下の家族を流す。
その町には八百八と言われるほど多くの橋がある。
橋の上を中年の男が走っている。中年のダイエットが盛んだ。彼らには健康もアルコールも同じ中毒なのだ。
男はホームレスからビッグイシューを買った。やがて川面を眺める女もいなくなった。
男はビッグイシューを丸めた。このバトンを誰に渡そう。もう走ることが当たり前になってしまった。誰かのために走ることにしよう。それが「流行り」だ。そうだ、抗議をしよう。ダイエットに抗議をしよう。


======================
作・演出
林慎一郎

出演
小坂浩之/後藤七重/小林風香/田中愛結実/前田晃男(ボラ☆ボラ)/向田倫子(ババロワーズ)/森口直美(パプリカン・ポップ)/山辻晴奈

スタッフ
舞台監督:塚本修(CQ) / 舞台美術:柴田隆弘 / 照明:魚森理恵 / 音響:甲田徹
衣装:大野知英 / 宣伝美術・舞台写真:清水俊洋 / 制作協力:さかいひろこworks/ 制作:奈良歩

日時
2018年11月9日(金)〜11日(日)

会場
アイホール(アイホール提携公演) 

主催:極東退屈道場
助成:芸術文化振興基金
協力:公益財団法人 山本能楽堂