極東退屈道場#001「延髄がギリです。」

撮影=©石川隆三

撮影=©石川隆三

撮影=©石川隆三

撮影=©石川隆三

撮影=©石川隆三

撮影=©石川隆三

撮影=©石川隆三

撮影=©石川隆三

撮影=©石川隆三

撮影=©石川隆三

撮影=©石川隆三

撮影=©石川隆三

撮影=©石川隆三

撮影=©石川隆三

撮影=©石川隆三

撮影=©石川隆三

撮影=©石川隆三

撮影=©石川隆三

撮影=©石川隆三

撮影=©石川隆三


第25回名古屋市文化振興賞戯曲の部 最終選考

日時=2007年7月19日~22日/ 場所=アイホール

とある風俗街の雑居ビルに居を構える「酸素バー」。
そこには、ヘルス嬢、風俗案内所の男、ラブホの従業員などが集う。
しかし、そこでは奇妙な病気が流行りはじめる。
美しい国の影で、無いことにされている街。見知らぬ他人が吐きだしたものを吸い込むことで存在する街。
そこでは、なにが起きても誰も見て見ぬふりをする。


紹介動画

作・演出=林 慎一郎

出演=亀岡寿行(桃園会)、河合良平(インテレ-P)、小坂浩之(桃園会)、中平みほ、後藤七重、小中太

スタッフ=舞台監督:塚本修(CQ)/ 照明:柳亜由美 / 音響:あなみふみ(ウイングフィールド) / 音響操作:奥村朋代 / 舞台美術:柴田隆弘

公演写真=撮影:石川隆三