公演情報‖Play, 能×現代演劇, 過去公演‖Past

能×現代演劇 work#04「ともえと、」(共作・演出)

4回目になりました「能×現代演劇 work#04」今回は「巴」という演目を元に、今回はまた新たな試みに挑戦。

能の「巴」を題材に、空晴の岡部尚子さんと林が共作し。演出を担当させていただきます。源平末期、木曽義仲に使えた巴御前の想いに迫ります。...

さらに見る Read More
能×現代演劇, 過去公演‖Past

能×現代演劇 works#03「韋駄天」(作・演出)


3回目になりました「能×現代演劇 work#03」今回は「舎利」という演目を、元に現代劇を創作。能の上演と絡めて上演します。
古典芸能である能を新たな角度からのアプローチで演劇にします。

能×現代演劇 特集webサイト ...

さらに見る Read More
能×現代演劇, 過去公演‖Past

能×現代演劇work#002「心は清経」(作・総合演出)


二回目となりました「能×現代演劇」。前回は「安達原」の前半を現代劇化、後半の半能と合わせて上演をしましたが、今回はまた新たな試みに挑戦。
能の「清経」を題材に、林が「さまよう男篇」、空晴の岡部尚子さんが「夢みる女篇」として掌編を創作。能の仕舞と合わせて一本の作品として立ち上げます。
平家の時代の末期のとある夫婦喧嘩のお話です。

============================

「さまよう男篇」作=林慎一郎
「夢みる女篇」作=岡部尚子(空晴

さらに見る Read More
能×現代演劇, 過去公演‖Past

能×現代演劇 work#01「紡ぎ歌 鬼こもれりと聞くはまことか」


山本能楽堂の新しい試み。
人間の宿業の悲しさを描き出した傑作と言われる能「安達原」を、関西を代表する劇作家・林慎一郎とのコラボレーションで新たな能のアプローチに挑戦。

============================...

さらに見る Read More