外部演出, 過去公演‖Past

工藤俊作プロデュースプロジェクトKUTO-10 第10回公演「後ろ前の子供」演出担当

日時=2009年6月4日~6月7日 / 場所=in→dependent theatre 1st

コンビニエンスストアでアルバイトをしている青年とアオバと名乗る少年がチョコレートの景品の「星座カード」のやりとりにより知り合い、少年は若い男の住むビルの一室に出入りするようになる。そこでは以前より青年と「後ろ前党」を結成した少年たちがテレビゲームの種々おかれた青年の部屋で放課後の時間を謳歌していた。様々なところで疎外されていた青年にとって自らの部屋は小さな王国となり、小学生たちは彼の親友となり様々な遊びに興ずる。やがて、そのことが学校とPTAに知れ、小学生たちは若い男の部屋への出入りを禁じられるがアオバだけは・・・20年前に実際に起きた事件をもとに青年の少年に対する殺意にいたる心情を7人の男達がたどる物語。

出演=工藤俊作、久保田浩(遊気舎)、湯浅崇(テノヒラサイズ)、小笠原聡、山口晶子、近藤ヒデシ(COMPLETE爆弾)、天国ミロ、あらいらあ、中村茂昭

スタッフ=舞台監督:村上浩 / 舞台美術:今井弘(劇団●太陽族) / 照明:林田典三 [(有)アート・オー] / 音響:廣瀬義昭(T&Crew) / 宣伝美術:粟根まこと / 制作:三枝希望

舞台写真 その1その2その3その4その5


タグ Tags: